税込8000円以上のお買い上げで送料無料

昭和 歌謡曲と石原裕次郎

石原裕次郎は、もはや戦後ではないと経済白書にかかれ昭和で、一番輝いた時代に日本を彷彿させたビッグスターでした。

石原裕次郎は、「太陽の季節」で芥川賞を獲得して文壇に彗星のように登場し途中、政界に転じて派閥の旗頭から、東京都知事に推され、最後は途中まででしたが四期務めた石原慎太郎の実弟です。

兄の石原慎太郎も、ここ最近では、豊洲市場の移転に関する責任問題で問われたり、脳梗塞を患いその後遺症に苦しんでいると、明かされました。

石原裕次郎は自らが小説のモデルだった「太陽の季節」が映画化されたとき、端役でデビューしました。

次の慎太郎作品「狂った果実」で、後に妻となる北原三枝と共演。その後、主演映画が、次々にヒットした事で、瞬く間に大スターとなったなって、映画と歌で一時代を築くことになりました。

際立った大スターであるのに、「俳優は男子一生の仕事にあらず」と自ずから語っていたそうです。

また「嵐を呼ぶ男」「狂った果実」からスタートして「俺は待ってるぜ」「錆びたナイフ」「銀座の恋の物語」「赤いハンカチ」「二人の世界」「夕日の丘」「逢えるじゃないかまたあした」

「俺はお前に弱いんだ」「夜霧よ今夜もありがとう」「粋な別れ」「北の旅人」などなど、ヒットソングが山ほどありながら、「歌は素人」の理由で、紅白歌合戦には、歌手としては出場しませんでした。

自称”素人歌手”の石原裕次郎は、ほろ酔い気分でレコーディングしていた?!

石原裕次郎に、お願いされて「夜霧よ今夜もありがとう」と「粋な別れ」などを作詞・作曲した浜口庫之助が、石原裕次郎を評定しました。

「ゆうちゃんは、歌は上手くない。が、おいしい歌を歌える人ですよ」と。ヒットメーカーの浜口庫之助として言える見解でした。

おいしい歌を歌える自称 ”素人歌手” は、ほろ酔い気分でないと照れて歌えないと吹き込む前には、ビールを飲んで臨んでいたのです。

石原裕次郎、まさか、一杯ひっかけて歌っていたとは、でも、なんだか解る気がします♪

録音技術が急速に進歩した、昭和30年代だったので、レコーディングに当たっては、エコーをかけて低音のよく響くビブラートを強調して、ハスキー気味な唱法に幅を加えたのです。

その結果が、キングナット・キングコールを彷彿させるであろうムードがにじみ出て、おいしい味わいが生まれたのです。

代表曲に、「夜霧よ今夜もありがとう」「銀座の恋の物語」「嵐を呼ぶ男」等の中から、作詞・山口洋子、作曲 ・弦哲也の「北の旅人」を推したのは、昭和時代の終焉と共に燃え尽きるタフガイの、最後に歌った歌であったことと、歌の舞台が彼の心のふるさと、北海道を舞台にしたテーマであったからです。

「北の旅人」は、裕次郎が静養中であったハワイのオアフ島のドルフィン・スタジオで、作曲家の弦哲也、立ち合いのもと、昭和62年2月23日にレコーディングされました。

裕次郎は、6年前の昭和56年、解離性大動脈瘤の手術をし、小康状態を保っていたが、昭和59年に肝細胞癌の診断を受け、昭和62年に、肝内胆管炎で2ヶ月入院して、前途が閉ざされたようでした。

だが、タフガイの対面をはばかり、ガンが見つかった事は厳重な極秘事項とされ、裕次郎も人目につくところでは、元気を装っていたのでした。
作曲家の弦哲也に、ハワイでのレコーディングの声がかかってきたのは、裕次郎の体調が少し良くなった時期で、たまたま弦は、「普通のおばさん」に戻って、プロデューサー業をしていた都はるみに誘われ、ハワイ旅行をする日取りに合ったからでした。

レコーディングの当日、裕次郎は作曲家のレッスンを受けて「北の旅人」と「思い出はアカシア」の2曲を、約2時間かけて録音をすませ、「ありがとう」「お大事に」と握手して別れました。

裕次郎は、この後4月20日に帰国し、信濃町の慶応病院に入退院を繰り返して、真夏の7月17日に帰らぬ人になりました。

「北の旅人」は、裕次郎の死去後に、追悼盤として発売されました。

昭和の巨星が消えた衝撃はまだ残されていた時期だけに、売れに売れたのです。いや、裕次郎の死から30年近く経った今も、「北の旅人」は売れ続けているのです。

タフガイが生前、テレビやステージで一度も歌うことのなかった曲が、生前に大ヒットした「嵐を呼ぶ男」や「夜霧よ今夜もありがとう」「粋な別れ」に互して売れ続け歌われているのは「歌は思い出を連れてくる」要素を持っているからだと思います。

ちなみに、石原裕次郎は山下汽船の重役を父に、港町の神戸で生まれ、小学校時代は北海道の小樽へ移り、高校、大学時代は逗子に住んでいました。

北海道・小樽は、急逝した父の一番の働き盛りの町だった関係で、慎太郎、裕次郎兄弟には思い出に残る土地なのです。

裕次郎の遺品を展示した記念館がこの地にあるのも、当然でしたが、この記念館もいまや維持困難で、平成30年8月末で閉鎖されます。

しかし、裕次郎ファンにとって忘れがたい歌に「北の旅人」が上位にあるのは、わかる気がします。

カートに入れる

当店ランキング

唄はよにつれ 昭和歌謡 黄金時代

昭和30年~40年代
昭和・黄金名曲時代!

昭和の歌謡曲 黄金時代

昭和30年代〜50年代に
 愛されヒットした
黄金の歌謡曲の数々♪

決定版!魅惑のムード歌謡

昭和の時代に
タイムスリップできる
ムード歌謡を全160曲♪
支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

昭和歌謡曲cd通販ショップご挨拶

支払い方法について

領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」をご覧ください。

配送について

配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。ご注文商品代金8,000円以上、および送料無料商品を含む場合は、株式会社もしもが送料を負担いたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
配送業者について
商品の配送は、佐川急便に委託しております。一部の直送商品につきましてはヤマト運輸等、他の配送業者がお届けする場合がございます。
商品は「株式会社もしも」名義でのお届けとなります。一部の直送商品につきましては、「株式会社もしも」名義ではなく、卸業者名、メーカー名になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。
配送業者の都合上、お届けができない地域がございます。その際はご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
※ただいま海外への出荷は承っておりません。
出荷目安について
出荷目安はご注文から出荷手配が完了するまでの期間となります。こちらは、土日祝日や年末年始、お盆休みを含まない営業日で計算しております。
※出荷目安が「即日出荷」の商品は、平日・土曜日の15:00まで(一部商品は平日14時、又は平日15時まで)の注文分を当日中に出荷いたします。日曜・祝日・年末年始・お盆の場合は翌営業日に出荷いたします。